地域包括支援センター|埼玉県朝霞市の高齢者総合福祉施設 ひいらぎの里

地域包括支援センター

地域包括支援センターについて

地域包括支援センターは、地域に暮らす方の介護予防や日々の生活を様々な側面からサポートすることを主な役割としています。住みよい街づくりの拠点として、介護だけでなく福祉・健康・医療などの総合的な窓口となっているため、高齢者本人はもちろん、家族や地域住宅の相談にも適切な機関と連携しサポートしていきます。

基本機能

  • 適切なサービスや制度が利用できるための総合相談
  • 高齢者の人権や財産を守る成年後見制度などを活用した権利擁護事業
  • 虐待の早期発見・防止
  • ケアマネージャーが抱える困難事例などに対する支援
  • 利用者の主体的な活動を支援し、介護予防プランを策定する介護予防ケアマネジメント事業
  • 介護保険を使ったサービス利用調整
  • 基本チェックリストによる市が実施するサービス利用の調整
  • 自立に向けた生活の支援
  • 皆さんが持つ様々な権利を守る事業
  • 地域活動、老人会、サロンの支援
  • 認知症の方の支援としてオレンジカフェの運営 など

センターの設置

朝霞市より業務委託を受けた法人が設置・運営しています。

ひいらぎの里担当地域

岡・大字岡・仲町・根岸台・大字根岸・大字台・大字溝沼(一部)

職員配置

保健師または看護師、社会福祉士、主任介護支援専門員、介護支援専門員、事務員、生活支援コーディネーター

施設概要

施設名 地域包括支援センター
住所 〒351-0007
埼玉県朝霞市岡3-17-59
電話番号 048-291-9111
※午前8:30~午後17:30まで

地図

ページの先頭へ