移動スーパーが始まりました!|埼玉県朝霞市の高齢者総合福祉施設 ひいらぎの里

ひいらぎの里からのお知らせ

移動型スーパーが始まりました!

地域包括支援センター

 

みなさんこんにちは。

生活支援コーディネーターのミズシナです。

 

10月も終わり、

朝晩は肌寒い日が続きますね。

これからの時期は

風邪や乾燥に注意しながらお過ごしくださいね!

 

 

さてさて、実は9月の末ごろから、

移動型スーパーとくしまる

               が朝霞市を回っています。

 

ちなみに 移動型スーパー をみなさんはご存じですか。

 

 

あまり聞きなれない方も多いと思います。

移動型スーパーとは、

その名の通り、

スーパーマーケットにおいてある商品の移動販売です。

朝霞市を回っている「とくしまる」は、

仲町にあるコモディいいだ(スーパー)が

母体となっています。

 

お住まいの地域によっては、

交通の便が悪くて買い物へ行けずに困っている方や、

買い物に行くことができても、

買った物を持って帰ることが難しい方もいます。

 

こういう場面は、

主に農村部やお店の少ない地方を

イメージされる方もおりますが、

実は朝霞市もその例外ではないのです。

 

見てくださいこの坂を。

 

 

 

急坂ですね。

実際に見ると、もっと傾斜があるように見えます。

 

これはひいらぎの里圏域のとある坂の写真ですが、

こういった坂が朝霞市にはいくつもあるのです。

この地域で自転車を使用している方は、

電動自転車でなければ厳しいというお話をよく聞きますが、

本当にその通りだと思います。

 

9月の末から、

移動スーパーとくしまるが始まり、

とても助かっているとの声を聞くようになりました。

 

 

惣菜やパン、野菜や果物がありますね。

これは夏ごろの写真ですが、

10月は みかん や 柿 などが置いてありました。

 

 

一番売れる商品は生魚だそうです。

もちろんお魚だけでなく、お肉も置いてあります。

もし希望する商品があれば、ご相談次第で

次回の訪問時に担当の方が持ってきて下さるそうです。

ありがたいですね。

 

 

食べ物以外にも、お花や文房具も置いてありました。

まさにコンパクトサイズのスーパーです。

 

 

朝霞市は移動型スーパーの需要が多く、

来年にはもう1台が稼働する予定があるそうです。

 

 

とくしまるを利用することで

自分の目で見て買い物ができることに

喜んでいる方がたくさんいらっしゃいました。

身近で買い物に困っている方がいたら、情報提供したいと思います。

 

今後も住みやすい地域づくりに励みます!

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

ページの先頭へ