地域の輪|埼玉県朝霞市の高齢者総合福祉施設 ひいらぎの里

ひいらぎの里からのお知らせ

地域の輪

地域包括支援センター

こんにちは!

地域包括支援センター

生活支援コーディネーターのミズシナです!

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

僕というと、

新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請を守り、

殆ど人と会わず、お休みの日もステイホームしています。

天気が良い日には散歩にも出かけますが、

以前に比べると、自宅で過ごす時間が大幅に増えました。

 

そんななか、ある地域住民からの僕のところへ情報提供がありました。

新型コロナウイルスの影響があるなかで、

お仕事している方、

頑張っている方にエールを送りたい。

是非とも見て頂きたいモノがあるとのことでした。

 

現在、不要不急の外出は控えなければなりません。

しかし、今だからこそエールを送りたいと仰って下さる地域住民の方。

マスクを着用

消毒をする為にアルコールを持参し、お伺いしました。

 

すると、玄関にはとても素敵な絵や手芸の数々…!

コロニャに負けるニャ!って書いてある、可愛い…

 

 

 

いろんな種類の作品があって、

思わず見入ってしまいました。

そして、とてもあたたかい気持ち になりました。

 

ひいらぎの里にもこんな素敵な手芸を提供して頂きました。

 

 

何羽の鶴がいるんでしょうね。

グラデーションが素敵です。

 

ここ最近、暗いニュースばかりでしたが、

あたたかい人の気持ち に触れることができました。

 

こういった活動を知ることができるのも、

地域と繋がっている

生活支援コーディネーターだからこそと思いました。

 

ニュースを見ていると、

少しずつ感染者数は減ってきました。

まだまだ油断大敵ですが、

人数が減ってきているのは

ステイホームを守っている 皆さんの協力の成果だと思います。

この難局を乗り越えられるように、引き続き一緒に頑張りましょう。

 

 

ページの先頭へ