乳酸菌とビフィズス菌|埼玉県朝霞市の高齢者総合福祉施設 ひいらぎの里

ひいらぎの里からのお知らせ

乳酸菌とビフィズス菌

地域包括支援センター

みなさんこんにちは!

地域包括支援センター

生活支援コーディネーターのミズシナです!

毎日新型コロナウイルスのニュースが流れるなか、

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

世間は新型コロナウイルスの話題ばかりなので、

体に良い菌もありますよ!ということで、

今回は乳酸菌ビフィズス菌について

取り上げたいと思います♪

 

 

乳酸菌もビフィズス菌も、

一度は耳にしたことがあると思います。

ヨーグルトに入っているイメージですよね、

その通りなんですが、ちょっとだけ違います。

※すべてのヨーグルトに

 ビフィズス菌が含まれているわけではありません!

 

乳酸菌の働き

           糖を分解 → 乳酸 を作ります。

ビフィズス菌の働き

           糖を分解 → 乳酸 + 酢酸 を作ります。

この酢酸は、強い殺菌作用があり、

大腸の悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

 

酢酸は、お酢として飲むこともできるそうですが…

酸っぱいですよね。

 

しかも、お酢は消化されるなかで吸収されて、

残念ながら大腸にまで届かないそうです。

 

だからこそ、大腸のなかで酢酸を生成する

ビフィズス菌を増やすことが理想的だそうです。

※もちろん、乳酸菌単体でも整腸作用を期待することはできます。

 

免疫力をアップさせる方法の1つとして、

腸内の善玉菌を増やすことが挙げられます。

腸のなかには、百種類、百兆個の腸内細菌がいるので、

善玉菌が多いこと=免疫力が高い ことにつながるのです。

 

 

この機会に、ビフィズス菌の入ったヨーグルトを意識してみてください。

おそらくまだしばらくは

新型コロナウイルスのニュースが流れるでしょう。

しっかり免疫力を高めて、

体調を崩さないようにしましょうね!

 

 

ページの先頭へ