ヒートショックにご注意を!|埼玉県朝霞市の高齢者総合福祉施設 ひいらぎの里

ひいらぎの里からのお知らせ

ヒートショックにご注意を!

地域包括支援センター

皆さんこんにちは。

 

地域包括支援センターひいらぎの里 ミズシナです。

前回更新してしばらく経ってしまいましたが、

冬時期ということで、

この時期特に気を付けなければいけない

“ヒートショック”の危険性についてお知らせしたいと思います。

 

ヒートショックとは、

温度差によって血圧の変動が大きくなることが原因で、

健康に悪影響や失神、心臓発作を起こすことです。

持病がなく、

普段は元気な方でも起こる場合があるのでとても注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

夏時期になると、積極的にお水を飲みましょう!

と皆さん気を付けますよね。

ちなみに2017年 熱中症による死亡者数は635人です。

しかしながら

2014年入浴中の死亡者数はなんと、

19,000人でした。

 

入浴中の事故がこんなに多いなんて驚きですよね。

 

 

 

 

 

最近ではヒートショックの知名度も広がって、

脱衣室にヒーターを置く等、

上手に温度差を生じさせない努力をされている方も

いらっしゃいますが、その他の予防策をお伝えしたいと思います。

 

①フタをせず湯張りをする。

フタをしないとすぐにお湯の温度が冷めてしまうわ…と

仰っていた方もいらっしゃいましたが、

暖房機等の機材を使わなくてもできることです。

 

②湯温設定は41度以下に。

ちなみにミズシナは普段43度で入ります。

アツアツが好きです。

もしどうしても43度で入りたいときには、

41度のお湯から入り、

高温たし湯で43度にするのがおすすめです。

※やけどをしないように注意。

 

③浸かるのは10分以内に。

冬時期は湯冷めする可能性があるので、

10分以内を目安にしましょう。

41度から入っても、40、39度とお湯の温度は下がります。

湯冷めして風邪をひかないように注意しましょう。

 

あっという間に1月も終わりに近づいていますが、

まだ寒い時期は続くので、みなさん気を付けましょうね!

 

 

 

 

 

また次回、春ごろに掲載させていただきますのでお楽しみに!

ページの先頭へ